ルリ20

 たいして欲しくもない物を、インターネットで買うことが多くなった。服やバッグや、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルリ19

 「ルリにきちんと話せるようになるには、もう少し時間がかかるんだ。」 「まだ夢の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明来22

 渋谷のデパ地下でバイトしている私は、今日はあまり街に出たくなかった。だって、風...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明来21

 独り暮らしの私の部屋には、一組の蒲団しかない。狭い寝床に二人で過ごす一夜は寝苦...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明来20

 私の狭い部屋には、豚汁のにおいが充満していた。三杯目のまさしさんのお代わりをよ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明来19

 「今日は、胃の調子が悪くて…、ごめんなさい。トンカツはまたこの次でいいかな?」...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルリ18

 出勤の電車に揺られながら、私はなぜか不安を感じていた。幸せな朝を迎えたはずなの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルリ17

 東の窓から差し込む朝日を頬に感じ、私は目を覚ました。寝ぞうの良い私は、自分のシ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルリ16

 「ねえ、聞いてもいい?」 「なに?」 「土日は、どんなお仕事しているの?」 果...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルリ15

 月曜日の夜、いつものように夕食を作りながら仁さんを待った。私は、今夜は思い切っ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ルリ14