« ルリ4 | トップページ | ルリ6 »

ルリ5

土曜日は朝からそわそわした。部屋の呼び鈴が鳴るのを待っている私がいる。猫の離乳食はあまりないのだということが分かった。しかも、牛乳を飲ませるのは良くないのだということも分かった。ちゃんと猫用のミルクがあるのだということ、キャットフードを柔らかくすれば良いのだということを調べ、マロンを待った。そう、マロンを待っているのよ。

 お昼を過ぎた頃、チャイムは鳴った。一週間ぶりに会うマロンは、ほんの少しだけれども大きくなっているような気がした。
「すみませんが、今週末も預かってもらっていいですか。」
「はい。あのお、何が好きですか?」
「あ、まだミルクしかあげていないのだけど……。」
「あの、そうじゃなくて、あなたの好きな食べ物って、何ですか?」
「僕ですか。何でも食べますよ。」
「そうですか……。あのお、お名前を伺ってもいいですか。」
「あ、すみませんでした。名乗ってもいなかったですね。仁といいます。」

 じゃ、行ってくるね、とマロンに告げたときの笑顔が頭から離れなかった。私は、マロンの背中を何度もさすりながら、「仁っていうんだ」とつぶやいていた。

|

« ルリ4 | トップページ | ルリ6 »

コメント

仁→ひとし、じん・・・・読み方は、どっちだろう(笑い)

投稿: もんぺ~ | 2008年4月 2日 (水) 17時55分

もんぺ~さん、
「まさし」にしようかと思いましたがhappy01
素直に「じん」と読ませようと思います。

わかりにくくてすみません。宜しくお願いします。

投稿: Akemi | 2008年4月 3日 (木) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533300/12121008

この記事へのトラックバック一覧です: ルリ5:

« ルリ4 | トップページ | ルリ6 »